FC2ブログ

一宮こども将棋の会 左馬

将棋女流棋士10名によるぐるぐる将棋 in 一宮 4月22日(日) & 第2回一宮こども将棋教室

ぐるぐる0 ぐるぐる1
ぐるぐる3 ぐるぐる4
ぐるぐる5 ぐるぐる6
ぐるぐる8 ぐるぐる7
ぐるぐる9 ぐるぐる10
ぐるぐる11

第1回将棋女流棋士10名によるぐるぐる将棋が開催されました。
一宮こども将棋教室からも参加しました。

参加した方の感想を伺うと、
今回の企画に大変満足しておられ、好評でした。

一宮市に
10人もの女流棋士が一堂に会してくださり、
女性将棋ファンと交流できる機会がもてたのは
素晴らしいことです。
来年も開催されるので、
さらに面白い企画に発展していくだろうと思います。
開催スタッフのみなさま、企画、準備、運営等、
ありがとうございます。

そして何よりもすごいことは、
参加者が神田先生手作りの黄楊の将棋駒を使用して
対局出来るのは、全国でもここ一宮だけだと思います。

神田先生は、彫り駒の製作において、
言わば「駒作りの円空」とお呼びするのにふさわしい方です。

ファンが喜ぶ企画の提案ですが、ひとつ。
ぐるぐる将棋は、
時間の制約もあるでしょうが、
1回目のぐるぐるを終えたら、
2回目のぐるぐるをやれるように
時間に余裕の設定ができれば、
女性ファンはみんな大満足するでしょう。

例えば、個人個人の記念写真撮影の時間を工夫して、
何組かの集合写真にすれば、かなりの時間が出来ると思います。

この地方では
なんと言っても
「お値打ち」感があるということが
とっても大事なことですから。

プロに二回、教えてもらえれば、
1局目に教えてもらったことを踏まえて、
2局目を指せます。ファンは大満足です。

ぐるぐる将棋の行われた4月22日(日)は
第2回一宮こども将棋教室の開催日でもありました。
今日も約40名のこどもたちが参加してくれました。

肩慣らしは、5手詰めの詰め将棋問題。
それから
1手詰めの目隠し詰め将棋を数題。

歩を使った基本的な攻め手筋の問題を数題。

平手戦の教材は
初の師弟戦(公式戦)王将戦1次予選より、
先手藤井聡太六段 後手杉本昌隆七段の実戦譜を
活用させて頂きました。
将棋の序盤の駒組から仕掛け、
中盤の攻防の入り口までの流れを
学びました。
次回も復習と中盤の攻防を学びたいと思います。

その後、
対局の心得、マナー等を確認し、
こどもたち同士で対局しました。

昼食後は13:00から15:30まで、
たくさんのこどもたちが
指導対局と交流対局(リーグ戦をしました)を楽しみました。

保護者のみなさま、
会員の新年度の登録番号が決まりましたので、
次回、出席時にご確認ください。

次回の一宮こども将棋教室は5/13(日)です。
IMG_20180422_120131.jpg IMG_20180422_145140.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

自己紹介

葛谷晴貞

講師:葛谷晴貞
「一宮こども将棋教室」は、「将棋を通じて、こどもの健全育成に資する」ことを目的にしています。
将棋の基礎力を身につけ、「めざせ、初段!」を目標に頑張りましょう。

最新記事

カテゴリ

活動報告 (35)
緊急時 (0)
規約(はじめに) (1)
イベント (5)
未分類 (2)

最新コメント

月別アーカイブ

訪問人数

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん