FC2ブログ

一宮こども将棋の会 左馬

一宮こども将棋教室 12月3日(日)・金鯱子ども将棋大会

1512385289606.jpg 1512385291498.jpg
1512385293606.jpg 1512385295033.jpg
1512385296336.jpg 1512385297719.jpg
1512385299278.jpg 1512385301086.jpg
1512385302588.jpg 1512385304725.jpg 1512385306465.jpg


■第4回 愛知県知事賞金鯱名人戦 金鯱こども将棋大会
金鯱3
金鯱2 金鯱1

教室開会前の時間を使って
詰将棋を解いています。
I 先生より出題された実戦詰将棋は
I 先生のネット対局の実戦からの終盤を
もとに作られています。
結構難しいのですが、
終盤の寄せ手筋の勉強になります。
こどもたちも真剣に考えています。

居飛車戦の勉強は
先回が「角換わり腰掛け銀戦法」でした。
とても難しかったと思いますが、
みなさんがもう少しつよくなったら、
プリントにまとめた棋譜を並べながら、
ポイントを理解してください。
私たちがお手本にしている教材は
主に羽生先生の実戦譜をもとに作っています。

うれしいことに、12月5日、
羽生先生がついに竜王位を獲得され、
永世竜王の資格を得て、永世七冠を達成されました。
羽生将棋はいつも私たち将棋ファンを魅了します。
今期の対局も素晴らしく、棋譜を並べるだけでも
しあわせです。
こどもたちも棋譜並べが出来るようになったら
何局もならべてください。
まだ小さいお子さんは
お母さんやお父さんに棋譜を言ってもらって
並べてもいいでしょう。

今回の講座は「相掛かり戦法」の序盤と仕掛け(その1)
を学びました。
序盤の駒組みの流れ、
攻めの切り込み隊長である右銀の動きに注目し、
仕掛けの決断、
そして攻めと受け

次回(12/9)は「相掛かり戦法」の序盤と仕掛け(その2)
復習をしてから
序盤の大切な変化を3つほど取り上げたいと思います。

一宮こども将棋教室、
年内最終回の12月9日(土)は
ジャンケンチャンピオンをする予定です。
幸運なこどもたちには
(すこし早めのクリスマス)プレゼントを贈ります。
とても役に立つ、素敵なフェルト製将棋盤を2面、
「将棋世界」最新号(1月号)
(将来、「将棋世界」の愛読者になることを願いつつ)
羽生先生の詰め将棋の本
藤井聡太四段のクリアホルダー

こどもたち、
たくさん参加してください。
午後の対局に参加できるこどもたちは
昼食持参で来てください。
こども将棋教室の卒業生も来てくれています。

12月3日は
金鯱こども将棋大会が
名古屋で開催されました。
多くの子供たちが参加して盛会ですね。
プロ棋士の先生方もたくさん来てみえますね。

神吉先生との指導対局、
A ちゃん、教えてもらってよかったですね。
(私も神吉先生と将棋を指してみたい。
神吉先生、お元気そうで何よりです。)

こども将棋大会が
一宮でも名古屋でも小牧でも春日井でも、
愛知県はいろいろなところで行われます。
尾張地方に住んでいる子供たちはしあわせです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

自己紹介

葛谷晴貞

講師:葛谷晴貞
「一宮こども将棋教室」は、「将棋を通じて、こどもの健全育成に資する」ことを目的にしています。
将棋の基礎力を身につけ、「めざせ、初段!」を目標に頑張りましょう。

最新記事

カテゴリ

活動報告 (32)
緊急時 (0)
規約(はじめに) (1)
イベント (4)
未分類 (2)

最新コメント

月別アーカイブ

訪問人数

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん