FC2ブログ

一宮こども将棋の会 左馬

一宮こども将棋教室 8月26日(日)

DSC_1995.jpg

DSC_1997.jpg  DSC_1996.jpg
詰将棋小学校「詰めの基本100」は
小さな本ですが、とても良い本です。

この本には、
これから将棋を指していくみなさんにとって、
終盤でとても役に立つ、基本的で大切な詰め手筋が
いっぱい、いっぱい詰まっています。

一通り最後まで問題を解いた後、
もう一度、問題を解いてみてください。
問題を繰り返しやっていけば
大事な詰め手筋が一回目と比べて「ぱっと」浮かぶようになります。
2回目で解くのに時間がかかった問題だけ、3回目をやってください。
そうすると
将棋が面白くなり、もっと解いてみたくなります。
将棋の力も確実についています。

 I 先生にお願いした「六枚落ちの復習」(模擬対局)は
事前の打ち合わせのとおりにはすすみませんでしたが、
それがかえって、とても面白いことになりました。
子供たちの「秒読み」の声も入り、盛り上がりました。

平手戦では「角換り棒銀」をやってみました。
ポイントを良く理解して、実戦で試してください。

次回以降、
「居飛車 対 振り飛車」の対抗形や
「居飛車 対 居飛車」のいろいろを
順番にやって行く予定です。

天野宗歩 六歳の四枚落ち対局は
今回は時間がなくなったので、次回に紹介することにします。

次回の一宮こども将棋教室の開催日(9月3日)は
NHK杯将棋トーナメントの生放送2時間がありますが、
みなさん、録画予約して将棋教室に来てください。
(でも、みんな本当は生放送で見てみたい!!!!!)
帰ってからのたのしみです。
スポンサーサイト

一宮こども将棋教室 8月20日(日)

DSC_1903.jpg DSC_1904.jpg
DSC_1912.jpg DSC_1911.jpg
DSC_1909.jpg DSC_1908.jpg
DSC_1906.jpg DSC_1914.jpg
DSC_1915.jpg

DSC_1804.jpg
11月までのこども将棋教室の開催日が決まりました。
ご確認ください。

今回より「将棋の初歩の基本」より
「四枚落ちの勉強」を始めました。
棒銀で攻める方法を学びました。
教材プリントでポイントをまとめましたので、
実際に盤上で駒を並べてみてください。

上手の変化については
まとめプリントを用意しました。
次回に配布します。

8月26日(土)の予定は
江戸時代後期の天才棋士である
天野宗歩六歳の四枚落ち下手対局を通して、
「四枚落ち版 二歩突っ切り」(上手3二玉型)を学びます。

その後、
参考棋譜の序盤から中盤を利用して
平手戦を指してもらおうと思います。

先日、私は杉本七段や中山六段との
指導対局の機会を得まして
とても楽しい時間を過ごせました。

私の隣の席では
園児や小学校低学年の男の子や女の子たちが
「八枚落ち」や「六枚落ち」を教わっていました。
将棋はみんな初心者ですが、
自分の知っている戦法で一生懸命指していました。
それを見ているととても嬉しくなりました。
先生に負けてしまって、泣きだしそうな子もいました。
負けず嫌いな子は将来きっと強くなります。

私にとっては杉本七段や中山六段の
子供たちへの教え方がとても参考になりました。

教室の皆さんがプロ棋士の先生に将棋を教えて
もらう機会があれば、是非、指してみてください。
とても楽しいですよ。
その時に将棋をしっかり指せるように
さらに将棋の勉強をして、
ますます将棋大好き少年・少女になりましょう。

学校の勉強もたくさんあって大変ですが、
一所懸命やってください。
楽しい夏休みも残り一週間ほどとなりました。
元気に過ごしてください。

 | HOME | 

文字サイズの変更

自己紹介

葛谷晴貞

講師:葛谷晴貞
「一宮こども将棋教室」は、「将棋を通じて、こどもの健全育成に資する」ことを目的にしています。
将棋の基礎力を身につけ、「めざせ、初段!」を目標に頑張りましょう。

最新記事

カテゴリ

活動報告 (32)
緊急時 (0)
規約(はじめに) (1)
イベント (4)
未分類 (2)

最新コメント

月別アーカイブ

訪問人数

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん